日本人配偶者なら3年で帰化申請可能!

配偶者ビザのアドバンテージ

外国人は、通常、日本に5年以上住んでいることが帰化申請の条件です。

一方、日本人の配偶者は3年以上で帰化申請できます。

帰化の審査は1年を要しますが、日本人と結婚して、配偶者ビザで3年暮らせば帰化申請できるのは大きなアドバンテージです。

帰化とは日本人になることです。国籍が日本になるのですから、日本のパスポートを持てます。

善良な日本市民として暮らす

審査の条件は、まず、素行に問題がないことが挙げられます。

具体的にはきちっと納税していること。日本の年金制度への加入も必要です。日本人と結婚し、日本人と同じ社会保障を受けていれば問題ありません。

日本語については、小学生低学年レベルが求められます。会話は日常会話レベル。読み書きは、カタカナ、ひらがな、簡単な漢字ができるレベルです。日本人と結婚して、日本で3年暮らせば自然と身につくレベルといえます。

 

タグ
カテゴリー