技能実習ビザ

日本の技能実習生制度とは?

いわゆる「技能実習ビザ」は「技能実習」という外国人の在留資格の一つです。

中国人が日本に働きに来るための枠組みの一つです。2019年4月からは新たに「特定技能」という在留資格が設けられ、単純労働者の受け入れの新しい枠組みとなりますが、「技能実習生」も併存するものと思われます。

「技能実習生制度」は外国人を一定期間、技能実習生として受け入れて、日本の技術・技能・知識を習得してもらい、帰国後にその国の経済発展を担ってもらうという趣旨です。外国の人材育成を通じた日本の国際貢献を目的とした制度です。

なお、受け入れる日本の企業と技能実習生は雇用関係です。会社から給与をもらい、社会保険や社宅提供などの生活のサポートを受けます。

在留資格の更新条件と期間の上限があります。

在留資格は最長3年

「技能実習」の在留資格の期間は最長3年です。複数年の場合、在留資格を毎年更新します。在留資格は技能実習1号と2号とがあり、1年目は1号です。2年目から2号になります。2号になるには、技能検定2級の試験に合格する必要があります。

技能実習生の検定制度は厚生労働省が実施しています。
詳細は下記ページをご覧ください。
技能実習生等向け技能検定の概要

カテゴリー