結婚後の国籍、夫婦別姓?同姓?

国籍

日本人と結婚したからといって、即中国人配偶者が日本国籍になるということはありません。

外国人配偶者が日本国籍を取得するには、帰化申請をしなければなりません。帰化申請は結婚してから3年で可能になります。そして審査に1年以上を要すると聞きます。とはいえ日本人配偶者は帰化申請においても優遇されており、一般の外国人が日本滞在5年以上で帰化申請できるのに対し、日本人配偶者は3年と短くなっています。いずれにしても結婚直後には国籍の変更はありません。配偶者ビザ(自由度は高い)を持った外国人であることには変わりありません。

子供の国籍

夫婦の間に生まれた子供は、片方が日本人であれば日本国籍を取得できます。相手の国籍も取得可能です。どちらかを選ぶことができます。

夫婦別姓?同姓?

中国は夫婦別姓です。結婚しても女性は旧姓のままです。日本では夫婦同姓が普通ですが、国際結婚は夫婦別姓が認められています。というよりも、夫婦別姓しか選択肢がありません。国際的には夫婦別姓の方が多いのかな? なお、中国人の姓名については、日本の漢字+日本語読みで婚姻届けができます。中国の簡体字は使えません。

通名=日本人姓は使えるか?

日本では夫婦同姓が普通なので、夫婦同姓で生活したいというニーズは、当然あります。日本はとくに同質社会で、みんなと違うと白い目で見られる傾向があります。日本人社会に同化して平穏に暮らすには、夫婦同姓、日本人姓を名乗るというのは、長らく在日韓国人が実践してきた処世術であり、国も役所もこれを認めています。いわゆる「通名」という制度です。

まずは、お住いの市区町村役場に「通名」を使いたいと相談してみましょう。認められれば、通名(つまり日本人姓)で銀行口座を作ったりできるようになるはずです。

 

カテゴリー