日本?中国?どちらで婚姻手続きを先行するか

日中国際結婚の手続きは、日本国内または中国国内のどちらでも行えます。どちらかの国で先に婚姻届けをし、後でもう一方の国でも届け出ることになります。双方の国で婚姻届けが受理されて手続き完了です。

初めに検討しなければならないのは、どちらの国で先に婚姻届けをするかです。婚姻手続きは、日本でも中国でも、どちらでも行えます。しかしどちらの国の手続きを先行させるかは夫婦のご事情によっても変わってくるでしょう。筆者夫婦は後者つまり中国先行で手続きをしました。その理由は後述します。

日本国内で婚姻手続きする場合

筆者は中国で婚姻手続きを先行しましたので、この選択をしなかったわけですが、国内先行できる条件としては、結婚相手がすでに在留資格を持って日本に居て、一緒に暮らしていることでしょう。筆者のように相手が中国に居て、婚姻成立後に、配偶者ビザを取得して、日本に呼び寄せる予定の場合は、日本先行で手続きを進めようがありませんので、この選択はありません。

国内先行の場合は、日本で婚姻届けが受理されると即、中国でも有効な婚姻と認められます。中国で改めて婚姻手続きの必要はありません。ただし、そのままだと、中国人の戸籍簿(居民戸口簿)の婚姻状況欄が「未婚」のままなので、「既婚」に変更する手続きを行う必要があります。その為には、日本の市区町村で「婚姻受理証明」を取得した上で、在日本中国大使館(外務省、総領事館)で追加の認証を得て、中国人の戸籍所在地の役所に提出しなければなりません。

なお、日本国内で婚姻手続きする場合は、お住いの市区町村役場に直接相談するのがよろしいです。役所によって対応が若干異なる(良くも悪くも対応する担当者の習熟レベルが異なる)かと思いますので、ネットの情報をうのみにせず、直接事前相談をしたうえで、必要な書類をそろえ、フェーストゥフェースで手続きを進めるのがよろしいかと思われます。

中国で婚姻手続きをする場合

お相手が日本に居ない場合は、日本人側が中国へ行って、中国での婚姻手続きを先行して行います。そして単身帰国し、日本のお住いの市役所へ報告的な婚姻届けをします。後述するとおり、中国で婚姻届けをした証明書類をそろえて、中国で結婚が成立したことを報告します。それによって、日本でも婚姻届けが受理されます。

日本先行、中国先行の比較

  日本先行 中国先行 備考
ビザ・在留資格 あり※ なし※ ※婚姻届け時お相手(中国人)の現状
届け出先 日本の市区町村役場 中国人の戸籍所在地の人民政府が指定する婚姻登記機関  
相手国への報告 不要だが婚姻状況欄の書き換え手続きが必要 報告的な婚姻届け  
       

 

カテゴリー