2019年特定技能ビザ詳細

日本はこれまで外国人の単純労働は禁止されていましたが、特定技能ビザが新設されたことで大きな政策転換が図られました。

2019年4月から特定技能1号は14業種、2号は2業種で単純労働を含めた就労が認められるようになります。それぞれの対象業種は以下の通りです。

特定技能1号の業種(2019年4月~)

  1. 建設業
  2. 造船・舶用工業
  3. 自動車整備業
  4. 航空業
  5. 宿泊業
  6. 介護
  7. ビルクリーニング
  8. 農業
  9. 漁業
  10. 飲食料品製造業
  11. 外食業
  12. 素形材産業
  13. 産業機械製造業
  14. 電子・電気機器関連産業

特定技能2号の業種(2019年4月~)

  1. 建設業
  2. 造船・舶用工業

いずれも人材不足が深刻な業種・業界で、2019年4月から解禁されます。対象業種は法務省令で定めらます。業種の拡大には法の改正は必要なく、法務省レベルで深刻な人手不足と認められれば今後範囲がさらに拡大される可能性があります。

1号と2号の違い

上記の通り対象業種が異なるほか、下記の違いがあります。

  特定技能1号 特定技能2号
期間 通算5年 上限上限なし(何度でも更新可能)
家族帯同 不可


2号は、原則的に1号の修了者が試験に合格すると昇格できます。ただし、2号の対象業種でなければ2号になることはできませんので、その場合は通算5年を上限に帰国しなければなりません。

タグ
カテゴリー

フォーラムトピック